システムを勉強しよう|ガールズバーやキャバクラならしっかり稼げます!

システムを勉強しよう

初めてキャバクラで働く場合はいろんな不安な要素があると思います。
だからここで少しでもキャバクラに関する知識を身についてから、実際にキャバクラで稼ぎ始めてください。

まず基本的なキャバクラのシステムからしっかり理解しておきましょう。
キャバクラというお店では、大体1時間ごとにいくらという料金体系となっています。
この料金のことを「セット料金」といいます。

セット料金に加えてあなたのドリンク代だったり指名料金や同伴で発生する料金、さらにはボトルなどいろんなところにお金がかかるようになっています。
ちなみに消費税などの税金の合計をTAXという用語で表されていて、それらすべてを合計すると大体お客さんひとりにつき安くても15000円前後払ってもらうことになります。
高級店の場合は40000円近くまでお金を払ってくれるでしょう。
もちろんお客さんが落としてくれる金額が大きいお店ほど、あなたも稼ぎやすくなります。

そしてキャバクラで接客する際には必ずお客さんと1対1になります。
個室ではなく広い店内にあるソファーの上で接客することになるでしょう。

ここで覚えてもらいたいのが「フリー客」と「指名客」の存在です。

フリー客というのは、特に指名などなく遊びに来るお客さんとなります。
フリー客を相手にする場合は必ず他のキャバ嬢と交代しながら接客することになるでしょう。
そのためひとりのお客さんにかける時間は短めになります。

対する指名客の場合は、お客さんが帰るまで常にマンツーマンでくっついて接客することになります。
そのため最低でも1時間以上はずっと同じお客さんの相手をしていきます。
そう考えるとしんどいかもしれませんが、指名客の接客はあなたにとって大きなプラスとなるでしょう。
基本的に指名客を相手にする場合はバックが発生するので、その日の給料が数倍以上跳ね上がるのです。

ちなみに指名客をさらに細分化すると「場内指名」と「本指名」の2種類存在します。
どちらも指名客には変わりありませんが、どちらかといえば本指名の方がより多くのバックが受けられるでしょう。
本指名というのは言い換えれば事前予約になり、場内指名はキャバクラに来てその場で指名することを指します。
本指名の方が指名の質がいいので、キャバクラで働くならガンガン本指名を稼げるようになりましょう。
もちろん場内指名でも稼げるようになるのは間違いありません。

↑PAGE TOP